メールマガジン登録
HOMEへ戻るアーユルヴェーダとは 〜五千年の歴史〜よくあるご質問セミナー申し込み問い合わせ・資料請求本校へのアクセスリンクサイトマップ
  1. ホーム
  2. 講座ラインナップ
  3. セラピストコース実習レポート

スクールについて 校長からのメッセージ スクールコンセプト 講師プロフィール 講座ラインナップ 本科の体系一覧 ビギナーズコースアーユルヴェーダ基礎クラスアーユルヴェーダ応用1クラスアーユルヴェーダ応用2クラスアーユルヴェーダ基礎・ドクタークラスセラピストコース イベント・セミナー 外部セミナー フォローアップ 卒業生向けフォローアップ みんなの声 受講生の声 体験する
ハタイクリニック インドで体験 スクール認定サロン「ジャガド」のサイトへ 卒業生のサロン 卒業生のショップ NPO法人について
アーユルヴェーダの研究と普及ならびにカウンセラー育成により人々の健やかな生活に貢献する事を目的として設立しました。詳しくはこちら
NPO法人日本アーユルヴェーダ研究所 ご案内 アーユルヴェーダとは 書籍紹介 NPO法人日本アーユルヴェーダ研究所 イベント・セミナーの申し込みメールマガジン登録よくある質問 リンク プライバシー・ポリシー


TEL. 03-3662-1384
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-6-6
ライフサイエンスビル10F・11F
>>>MAP(地図)



セラピストコース3期(2008-2009) レポート ー 実習編 その1
9月20日から開始したセラピストコース3期の実習は、アビヤンガ(全身オイルマッサージ)からスタートしました。手技担当の古山先生は、セラピストコースの教育は、今回で3期目となり、厳しい中にも、生徒さんの進み具合や特徴に合わせて、きめ細かく的確な指導をしてくださっています。確実な施術の技術に加えて、なんといっても、肌がとてもきれいで、手も柔らかく、滑らかなのでモデル役の生徒さんは、授業を忘れて、意識が飛んでしまっていた人もいたような・・・ 下の写真は、10月のある授業の1日の実習の様子です。少し肌寒いぐらいの気温でしたが、皆さん、何度も何度も繰り返し、実習を重ねて、汗だくになって習得に励んでいました。 2人で行う施術なので、お互いの呼吸を合わせ、リードする人とシンクロするまで練習します。 私も、ヘッドマッサージのみ生徒さんのモデルとしてやってもらいましたが、とても気持ちが良く、短時間で、すっかりリラックスしました。 セラピストコースの実習編は、アビヤンガの次は、いよいよカティ・バスティの実習へと進みます。みなさん体力をつけて頑張って!

 
まず、古山先生が生徒さん1人づつ指導します。写真中央が古山先生です。   次に生徒さん同士呼吸を合わせて、行います。
 
アビヤンガの最初に行うヘッドマッサージ。   ヘッドマッサージの中でも、耳は、とても大事だそうです。

セラピストコース3期(2008-2009) レポート ー 実習編 その2
セラピストコースの皆さんの実習は、いよいよアーユルヴェーダの花形(?)のシローダーラへと進みました。1月のシローダーラ実習の第1回の様子です。

 
先生のデモの後、1人づつ実習を始めていきます。   流れるオイルの量、オイルを落とす場所、オイルの温度管理、作業中音をたてないなど注意事項がたくさんあり、みんな真剣です。
 
施術を受けている人がどうしたら心地よいかを古山先生丁寧に教えてくださいます。   音がしないようにタイミングよく適温のオイルをつぎたすのは大変!

セラピストコースの実習の授業は、アビヤンガ、カティバスティ、シローダーラと続き、残るは、ガルシャナのみとなりました。4月の卒業を目指して皆さん一生懸命頑張っています。

セラピストコースのページに戻る





日本アーユルヴェーダ・スクール 日本アーユルヴェーダ・スクール トップへ戻る